34歳こじらせ女子本気の婚活開始!マッチングアプリOmiaiに登録【婚活パーティーNAVI】

   

34歳こじらせ女子、マッチングアプリOmiaiで本気の婚活開始

どうも、みなさんこんにちは~!

34歳、こじらせ女子代表です。

「結婚したくないわけではない。しかし、今すぐ結婚したいわけでもない」

仕事大好き人間で男性の仕事の能力が気になっちゃう職場の出会いは無理。無理して探さなくてもそのうち出会いは自然にやってくる・・・と思ってたら、34歳。自立してれば、一人でもいいという気持ち反面、子供をあきらめていいのか?産むなら年齢に限りがある。

そんな風に、心がブレブレの私も、ようやく目を覚ましました。

本気の婚活を決意し、初めてマッチングアプリのOmiaiに登録してみましたよ!

もう、将来を考えたら…いてもたってもいられない、今日この頃。

子どもを産むこと考えたら、1年以内に結婚話ができる人を見つけないとヤバイ!

今になって、とても焦ってます

悠長に、少しずつなんて、言ってられないんですよね。

それで、実際に使ってみた様子や素直に感じたことをご紹介していきますんで、きっと「Omiai使ってみようかな~」と考えている人や、「マッチングアプリ使ってみようかな~」と考えている人の役に立つはず!

それでは、Omiaiに登録してから約1週間、ホカホカの状態でお届けしますね。

マッチングアプリOmiaiに登録する前に私がしたこと

マッチングアプリOmiaiに登録する前に私がしたこと

マッチングアプリの利用を躊躇する人って、漠然とした不安からなかなか利用できないっていう人も多いはず。

実際、私がそうです。

とりあえず、Omiaiのアプリをダウンロードする前に、レビューやら料金システムやら、特徴やらを分かる範囲でサッと目を通しました。

ふむふむ、女性は無料らしい…。

男性は使用期間によって異なる料金体系のよう。お金がかかるんですね。

身分証明書をカメラで撮って、送ったら2通目以降のメールのやりとりができるようになるらしいです。

とりあえず、年齢はウソがないということですね。

レビューには、色々な意見がありますが、基本的に私は通信環境とかアプリが正常に機能するかどうかの意見だけ参考にするタイプで、婚活アプリの「出会えない」という意見は参考にしません。

これは、個人の問題も多いですもんね~。

女性が無料ということや、身分証明証を提示するということで、少し安心して、いざ登録!

Omiaiアプリのダウンロードから登録まで

ではでは、張り切って!Google PlayからOmiaiアプリをダウンロード!

マッチングアプリOmiaiダウンロード画面

プロフィールの登録を初めに行います。

基本情報の登録

プロフィールでは、基本的な情報を入力するんですね。

写真やニックネーム、自己紹介文、性別、年齢、居住地…などなど。

とりあえず、簡単に埋められるところから埋めよう。

ところどころ埋めて、とりあえず保存すると、早速足跡マークが!

足跡マークは、私のプロフィールを見に来た人がいた場合に付くらしい。

どんな人が覗いてくれたのかな~…と足跡をたどっているうちに、プロフィールの入力は中途半端にほったらかしたままで小一時間経過。

ふぅ~、落ち着け、落ち着け。と一息つくことに。

プロフィールは自分のことをよく知ってもらうためのツール

プロフィール記入後の見え方

プロフィールを埋める欄は、たくさん。

ニックネーム、性別、年齢はもちろん、居住地、身長、国籍、使用言語、将来引っ越し可能かどうか、兄弟姉妹、同居人、社交性、性格のタイプ、チャームポイントなどなど。

これらは、選択式で埋めていく感じですね~。

やっぱり、婚活アプリだけあって、マッチング条件というものもあります。

「出会うまでの希望」や、「相手探しで重視すること」とか、「初回デート費用はどうしたいか」、とか。

たくさんありますけど、そんなに時間はかかりません。

サクサクいけるって感じですね。

自己紹介文は自由記述

自己紹介文は自由記述

ちょっと立ち止まったのが、自己紹介文。

ここは自由記述式なんですよ~。

案外、自分をアピールする文章って難しいもんです。

ガツガツしすぎず、かといって淡泊なものはイメージどうなの?と思いながら…。

結局、とりあえずありきたりな内容で埋める感じにしました。

「はじめまして!」から始まり、簡単に職業のこととかを紹介して、「休日は友人とお茶したり、DIYしたりするのが好きです、よろしくお願いします」的な。

審査

プロフィールの入力って、すぐに反映されないんですよ。

なんだか、審査?みたいなものがあって、承認を待たなきゃいけないらしい。

通常は15分以内に結果が分かるらしいけど、私の場合は10分もかからなかったんじゃないかな。

写真の登録

写真…。これは困った。

もともと、写真を撮られるのが苦手で、のびのびと楽しそうにしている写真が…ない!

写真はいっぱいあるのに!私の唯一のチャームポイント(ほめられたことがある)は笑顔なのに!…笑顔の写真はあるけど、これってほめてもらえるほどのものか?

自撮りは、納得いくまで撮ろうと思ったら夜が明けそうだし、何より自撮り自体が恥ずかしい(笑)

自撮りできる人って、尊敬しますわ。

自分の顔に自信がないと、できないですもん。

いや~、自信がないから自撮りテクを養うんですよ♪なんて言ってた知り合いがいたけど、いやいや、そんなこと言って、心の中では自分かわいいって思ってるんでしょ?と疑問。

すみません、ちょっと毒吐きましたね(笑)

もう、いいや、と友人とひまわり畑を見に行った時に、カメラを構える私の後ろ姿を友人が撮った写真を登録。

…はい、顔見せしませんでした。意気地なしですみません。

Omiaiでは写真も審査があって、本当は顔が見えない写真は審査通らないらしいんですが、実際には風景画像なんかをアップしてる人が多くて、私の場合も通っちゃいました。

興味ないかもしれませんが、こんな感じで。

悩みに悩んでOmiaiに登録した初期の写真

詳細プロフィールで「いいね!」率アップ?

詳細なプロフィールは書かなくてもOK

プロフィールは、ここまでで紹介した以外にもまだ記入する内容があります。

体型や結婚歴、子どもの有無、タバコ、学歴、職業、年収など、ちょっと踏み込んだ内容ですね。

これらの項目を入力すると、返信率がアップ!と書かれています。

確かに、婚活ではいち早く知りたい情報かも…

選択肢は多い方がいいに決まってる!でも、やりとりする中で、こんな人だと思ってなかったと言われるのは時間の無駄。

そう、私には時間がない!

ウソは書かずに、ありのままを書かなきゃ。

最低限、Omiaiで分かる範囲の情報は提供して、こういう人間だということを納得してもらった上でメッセージのやりとりをした方が、効率がいいですもんね。

というわけで、私も急いで、改めて全部入力しました。

体型…は、ほんとは入力したくなかったけど、本気で婚活するならやっぱ入力しないとね。

少し前までは、下腹のポニョが気になる程度だったけど、近年二の腕やら太股やらポニョが増えていった私。

ポニョどころか、どすこい!かも。

と、正直に「太め」を選択。

そして、体型よりも明らかに不利になるのが、タバコ

やめられないんですよね~。このご時世でも。

これも正直に、「ときどき吸う」を選択。吸わない日もあるので。

さて、結果は?

プロフィール記入を充実させている間から、足跡の数は軒並み急上昇。

たぶん、新規登録者ということで、多くの人が興味を持ってくださっているんでしょう。

でも、足跡だけじゃあまり意味ないんですよね~。

足跡は、あくまでも“プロフィールを見にきました”っていう情報だけ。

実際にプロフィールを見て、興味をもって、もっと知りたいと思った時には、相手に“いいね!”を送ることができます。

この“いいね!”がなかなか来ない…。

と、思ってたら、きた!

いいね!とありがとう!でマッチング成立

いいね!とありがとう!でマッチング成立

初めての“いいね!”をくれた人は、Aさん。

プロフィールを見ると、50歳・バツイチ。管理職をしている人らしい。

う~ん、初めての“いいね!”はうれしいけど、ちょっと年が離れすぎてるかな…。

ちょっと年収の高さに惹かれながら(賛否両論あるかもだけど、これも大切だと思う)、“ありがとう!”返しはせず。

ちなみに、ここで“ありがとう!”と返すと、マッチング成立となり、相手とのメッセージの交換ができるようになるらしいです。

Aさん、ごめんなさい、良き人と巡り会えますように。

どんなに自信がなくても、自分の顔を公表すべし

どんなに自信がなくても、自分の顔を公表すべし

Aさん以降、足跡はたくさん付くけど、“いいね!”の数は増えず…。

やっぱ写真がいけなかったのかな?

真剣さを示すなら、自分の顔を出した方が説得力がある

ふと、思ったんですよね。

そりゃそうだ、私、プロフィールの体型の所で「太め」って書いてるし。

もしかすると、どの程度の“どすこい具合”かわからないと、相手だって不安になるかもしれない。

それになにより、真剣に出会いを希望している人からすれば、顔を見せない相手はそれだけで不安だし、真剣度が伝わってこないのも事実。

私が男性を見る基準として、顔写真を掲載しているかどうかを重視していたのに、自分がそれをしていないのでは、まったくダメな話です。

ということで、ちょっと反省しつつ再び写真選びに。

普段の自分と変わらない写真を思い切ってチョイス

何かいい写真ないかなぁ~。

「あ、これいいじゃん!」と見つけたのが、海をバックにした写真。

海をバックにした写真

海だったので、スッピンなのですが、とっても自然な笑顔の写真がこれしかなく、まぁ着飾ってる写真もどうせないし、スッピンで笑ってる写真なら詐欺と言われなくてすむだろうとチョイス。

写真は友人と並んで撮っていたので、友人の部分は切り取り、自分の顔のアップに加工。

でも、補正等の加工は一切せずに思い切って載せましたよ!

しかし、一つ問題が…。この写真、一年前のやつで、この一年で10キロくらい激太りしたんですよね。

よし!今日からダイエットして、出会った人と実際にお会いする頃には痩せるぞ!だから、ごめんなさいと罪悪感を持ちながら掲載。

本気で婚活するなら、やっぱり現実的になる

本気で婚活するなら、やっぱり現実的になる

ようやくここで、他の人のプロフィールに目が通せるような余裕が生まれてきました。

検索機能があって、自分の好みの条件を絞りながら検索できるんです。

私はなんとしても1年以内に恋人を見つけなきゃというミッションを自分に課してるので、できるだけ寄り道せずに、のんびりお友達から~なんて言わずに婚活するつもりですから、お相手に求める条件もある程度決めておきたいところ。

まず、婚活に積極的で真剣な人でないと、無理だな。

プロフィールの自己紹介が書かれていない人や、写真がない人、写真があっても全然顔が分からない・加工されている人はナシ。

そして、仕事に情熱を傾けている人、これ大事!どんな仕事でも、一生懸命する人が好きなので。

そして、30代後半以降の人なら、年収500万円以上がいいかな…。

ということで、何人か気になる人に私から勇気をだして“いいね!”を押してアプローチしました。

それから、もし気になる人が私のプロフィールを見たときに好印象を与えられるように、再度自己紹介文を訂正。

少し長く、休日の過ごしかたや趣味、どんな性格と言われるか、婚活への真剣度をアピールできるようにつけ加えました。

さて、初日の結果…は?

自分の顔写真を載せたら、“いいね!”をくれた人が5人!

初日にいいね!をくれた人たち

やっぱり、みなさん大切にするポイントは一緒なのですね~。

プロフィール欄には、顔の見えない人やメッセージのやりとりを通しても顔写真を見せてくれない人とのやりとりは、遠慮しますと記載されてる人も多いです。

顔写真は、相手に安心感を与える第一歩なのでしょう。

“いいね!”してくれた人のプロフィールを見ながら、色々と悩んだ末に“ありがとう”を返した人が一人。

Kさん。建築関係のお仕事をされているそう。

なかなか好印象なKさん

その日は深夜だったため、メッセージのやりとりは挨拶程度にしました。

なぜ、Kさんとメッセージ交換をしたいと思ったのかというと…、

まず、顔が好み(笑)

やっぱり正直、見た目の好みは大切です。

顔の半分は隠れてるのですが、目がとても好きな感じで、手のゴツゴツ感とか服の感じとか好みです。

目だけ見ると、俳優さんの大沢たかおさんに似てる気がする!

そして、年収500万円以上ということ。

年齢にもよるかと思いますが、もし結婚までいったときに私が引っ越ししたとして、一から生活できるかどうかは大切です。

そして、私の年がそんなに若くないということ。

もし、これから子どもを産んだとして、どんなに早くとも子どもが20歳を迎える頃には還暦近くなっていると想定すると、やはり収入面は大切です。

そして何より、趣味や人柄が合いそうなこと。

やっぱりどんなに条件が完璧でも、相性が良くないと一緒にいても疲れるだけですし。

今の段階では、そんなことまでは正直分かりませんが、何となく自分と一番合いそうなKさんとメッセージのやりとりをしていこうかな。

とはいえ、まだ初日。

これからどんな出会いが待っているんだろう。

そして、Kさんはどんな人なんだろう。

そんなワクワクした想いを抱えながら、眠りにつくことに。

Omiai登録後、1週間でマッチングした人

Omiai登録後、1週間でマッチングした人

初日、次の日の夜23時以降に“いいね!”がどんどん鳴る状況で、40人近い人が興味をもってくれたことが分かりました。

1週間やってみて気づいたんですが、夕方17時~18時の間と、夜23時~24時くらいの“いいね!”が多いんですよ。

みなさん、退勤時や寝る前にOmiaiを利用しているんですかね?

そうして、1週間でもらった“いいね!”は73人

少しずつ慣れてくると、色んな人のプロフィールを見る余裕ができて、それもまた面白いです。

人を判断するには少なすぎる情報量だとは思いますが、それでも個性が出ますね~

中には、足跡だけ毎日付けていく人もチラホラ…。

なんなんだ?単に見たことを忘れているのかな。

男性は女性からの“いいね!待ちが多いのか?

男性は女性からの“いいね!待ちが多いのか?

どうも、男性から“いいね!”を押すには、基本的にポイントの購入が必要なようです。

私が登録した時は、女性は利用料金無料の上、“いいね!”が十分に押せるようになってましたので、よほどたくさん“いいね!”しない限りは尽きることがないでしょう。

男性の中には、“いいね!”のチャージが少ないため、女性から押してもらうようにお願いしますって記入してる人もいる…

ちなみに、“いいね!”をもらった後の“ありがとう!”にはポイントは消費されないため、“いいね!”を押してねと書いてるんでしょうね。

…いやいや、いくらお金かかるからって、自分に好意を寄せた女子の中から選ぼうとする男子、頼りない…。

これ、男性が見たら怒られちゃいますかね。あ、単に私に“いいね!”押すほどの魅力がないだけか…。とほほ。

やっぱり、自分から積極的にアピールしてきて欲しいと思う、今日このごろ。女性は、そう思ってる人も多いんじゃないかな。

でも、やっぱり私もアクティブにいかなきゃねと、気になる人には“いいね!”を押しましたよ~

そこで、マッチングした人は計3人

でも、一人はメッセージ送っても返事なし。2日経ってもなし。

なので、削除しちゃいました。

さてさて、これからジワジワとお相手のことが分かるようになるんですね。

メールが得意じゃない私、大丈夫か!?

>>第3話:Omiaiでマッチング率アップに励んだ結果

<<第1話:こじらせ女子の恋愛事情

「Omiai」の無料登録はこちら

<<目次に戻る

関連記事

34歳こじらせ女子、とうとうOmiaiでデートにこぎつける!

34歳こじらせ女、Omiaiで体型の「太め」を変更したらいいね数復活?

34歳「こじらせ女」がOmiaiでマッチング率アップに励んだ結果

34歳「こじらせ女」の婚活体験談!【婚活パーティーNAVI】

34歳こじらせ女子本気の婚活開始!マッチングアプリOmiaiに登録【婚活パーティーNAVI】

パーティーパーティー

今週・来週開催の婚活パーティー

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTY

上場企業IBJが直営しているから安心。最大50%割引あり。早めの申込がオススメ

>>詳細

シャンクレール

シャンクレール

目的・条件に合わせてパーティーが選べる。 20代の女性が多く参加している。

>>詳細

otocon婚活パーティー

おとコン

結婚に真剣な30代~40代男女に人気。料金安め。

>>詳細

>>全ての婚活パーティー業者を見る

個室お見合いパーティー(25歳男性)

スマホde婚活体験談(27歳女性)

恋活パーティー体験談(32歳男性)

婚活イベントパーティー体験談(32歳男性)

アラサー限定の婚活パーティー(31歳男性)

タブレット式婚活パーティーへ(33歳男性)

35歳細マッチョ男子のお見合い体験談

25歳女子のPARTY☆PARTY体験談

メガお見合い体験談(男性)

おとコン体験談(28歳女性)

飲み会風合コン婚活…(28歳男性)

婚活パーティーをハシゴ(33歳男性)

オタク向き婚活の体験談(26歳女性)

個室メガお見合い体験談(29歳男性)

スイーツ付きパーティー(27歳女性)

総勢60名!大規模婚活(32歳男性)

その他の体験談

アラフォー婚活 バツイチ婚活 婚活パーティーコンシェルジュ